メルカリで買ったのにAmazonや海外から届いた場合、評価はどうする?

スポンサーリンク

最近、メルカリで購入したのに、なぜかAmazonの箱で届いたり、主に中国系ですが海外から荷物が届くという人が多くなっています。

住所も名前も合ってるし、中の商品も間違いなく注文したものと同じもの。

そんな商品が届いたら、ちょっとびっくりしてしまいますよね。

しかし、「メルカリとAmazonは提携してるのかな?」とか、「荷物が届いたからいいかな」と、あまり深く考えないような人もいるようですが、これってかなり危険なことなんですよ。

そこで今回は、メルカリで買ったのにAmazonや海外から商品が届いた場合の対処法や評価のつけ方などについてお話しますね。

スポンサーリンク

なぜ、メルカリで購入したのにAmazonや海外から届くの?

メルカリは『フリマアプリ』なので、個人間売買が基本となっていますが、業者や個人ストアもたくさん出品しています。

手元に商品があってメルカリで販売する分には全然問題ないのですが、中には手元には商品がない無在庫の状態でメルカリで商品を売っている業者もいます。

そんな業者は、メルカリで商品が購入されたら、Amazonや中国に注文して、配送の時間と送料を省くために直接購入者に発送しているのです。

Amazonから届いた商品はギフト扱いになっていて、領収書の送り主・届け先ともに購入者の住所・氏名となっていて、領収書のコメント欄には、『メルカリの商品です。送料を抑え迅速にお届けするため、専門の梱包配送サービスを利用しています。』などと書かれています。

メルカリでは手元にある商品を売ることが前提ですし、勝手に個人情報を第三者に提供しているので、完全にルール違反です。

出品者が購入者に無許可で、Amazonの注文画面に購入者の住所・氏名などの個人情報を入力したと思うと、許せないことですよね。

メルカリで購入したのにAmazonから届いた場合の対処法は?

メルカリで購入したのにAmazonや海外から届いた場合には、すぐにメルカリ事務局に通報しましょう。

すると、メルカリ事務局の方から、商品を返品や返金希望の場合には出品者と話し合いをしてください。という趣旨の返答がきます。

実はAmazonの方が安かったなど、不利益をこうむった時には、返金や返品の処理を進めましょう。

もし、出品者から、連絡がなかったり、返品や返金に応じてくれなかった場合には、メルカリ事務局がきちんと補償をしてくれます。

もし、どうしても欲しい商品だったり、安い値段で購入することができた商品だとしたら、最後までお取引することも可能です。

その場合の評価は、大切な個人情報を流出しているので『悪い』でも構わないと思います。

どのように評価したとしても、無在庫出品をしていた出品者は、メルカリ事務局が調査後、無期限利用停止や退会などのペナルティが与えられて、出品ができなくなります。

メルカリで業者を見分けるには?

だいたい業者や個人ストアであれば、ほとんど新品の商品を扱っていて、画像も明らかにネットショップなどから取ってきたものなので、すぐにわかります。

同じ商品をたくさん出品しているのも特徴です。

ただ、業者の人がみんな無在庫販売をしているのではなく、手元に商品があって出品している業者も多いので、無在庫の出品者を見分けるのは難しいのですが、ちょっと「怪しいな~」と思ったら、「実物の写真を見たいんですが・・・」とか「いつ発送してくれますか?」なとどコメント欄で尋ねてみましょう。

「梱包済みのため、撮影できません」とか「在庫は別のところにありますので、なるべく早く発送します」など曖昧な返事がくると、無在庫販売の可能性もありますね。

あとは、出品者の評価欄をよく確認して、過去に購入者とトラブルになっていないかなどもチェックするようにしましょう。

メルカリよりもAmazonの方が安い商品も多い

メルカリばかりを見ていると、ついつい衝動的にメルカリで商品を買ってしまいがちですが、どの商品もメルカリが最安値という訳ではありません。

新品の商品であれば、他のネットショップやフリマアプリも調べてみると、Amazonなどのネットショップで、半値以下で買えてしまう場合もあります。

購入してしまった後に、同じ商品がそんなに安く売られているとわかったら、かなりショックですよね。

ただ、業者が全て手元にない商品を高く売っているかというとそうではなく、ちゃんと手元にある商品を安い値段で提供している業者や個人ストアも多いので、賢く買い物をしましょうね!

さいごに

いかがだったでしょうか?

何気なくメルカリで注文したら、「大事な個人情報が流出していた!」ということにならないためにも、出品者の評価や商品画像をよく見極めて、購入するようにしましょう。

しかし、Amazonの箱で届いたからと言って、業者ではなく、一般の出品者がAmazonの箱を使い回して発送していることもあるかも知れませんので、早とちりしないように注意してくださいね。