メルカリで違う商品が届いたと言われた!返送の送料はどうなる?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メルカリで全く違う商品が届いてしまうことは、結構よくあることです。

私も購入者の立場として、今まで10回近くは経験しているので「あぁー、まただ」と思っています。

商品の取り間違いは、特にメルカリ便の匿名配送を利用した場合に多いく、下記の場合があります。

  • コンビニや郵便局・ヤマトの営業所で伝票を入れ間違えた場合
  • 伝票は合っているのに配送業者が誤発送した場合

そこで今回は、それぞれの返送の送料負担や対処法などについて説明しますね。

スポンサーリンク

メルカリ便で伝票を入れ間違えた場合

コンビニやヤマト運輸・郵便局などに発送する荷物を複数持って行った際に、伝票を貼り間違えて、商品が入れ違いになったというケースです。

店員が伝票を間違えて貼ってしまったのかも知れませんし、もしかしたら出品者自身が間違えて貼ってしまったのかも知れません。

メルカリ便を利用する際には、トラブル防止のために『発送する商品には出品者自身で伝票を貼ること』とされていますが、すべてのコンビニ店員やヤマト運輸の職員・郵便局員に徹底されている訳ではないのが現状です。

返送の送料はどうなる?

メルカリ便で荷物が入れ替わってしまった場合には、送料は出品者負担の着払いで返送してもらっている方も多いです。

しかし、このようなケースの時には、まず、メルカリ事務局に問い合わせをしてみてください。

そうすると、今回の取り違いでかかってしまった送料を補填してくれる場合もあるからです。

コンビニの店員ヤマト運輸の職員・郵便局員が間違えた場合だけでなく、出品者自身が伝票を貼り間違えた時であってもです。

ただ、これが何度も通用するかと言うとそうではありません。

あくまでも応急措置として、「今回に限りメルカリが負担しますよ。」ということですので、以後、消費の入れ違いが起こらないように注意しましょう。

もしも、メルカリ事務局に問い合わせをしても「双方で話し合いをしてください」とのことであれば、出品者負担の着払いで商品を返送してもらうしかないでしょう。

メルカリで送料着払いの発送方法や料金は?一番安いのはコレ!
メルカリでは送料込みの商品がほとんんどですが、たまに着払いの商品も見かけます。一般的に着払いは料金が高くトラブルになりやすいので、なるべく安く送ることが大切です。そこで今回は、着払いの発送方法や一番安い料金をわかりやすく比較してみました!

しかし、着払いは送料が高いので、購入者それぞれが正しい商品も不要だと言った場合、取引自体をキャンセルして、間違った商品を購入者に処分してもらう出品者もいるようです。

返送と再発送にはメルカリ便は使えない

メルカリ便を使って発送していた場合であっても、返送と再発送にはメルカリ便は使えません。

匿名発送だったら取引メッセージで、出品者の住所や氏名など連絡先を教えて、着払いで返送してもらい、購入者の連絡先を聞いて、メルカリ便以外の方法で正しい商品を再発送するしかありません。

商品が入れ替わっていたからと言って、それぞれの購入者の住所や氏名を教えて、直接送ってもらうのは、個人情報の観点から絶対にやめましょう。

購入者にはしっかりとお詫びをする

メルカリ便で商品が入れ替わってしまっていた場合には、たとえ、コンビニの店員が伝票を貼り間違えていたとしても、言い訳せず、きちんとお詫びしましょう。

先ほども述べましたが、『発送する商品には出品者自身で伝票を貼ること』を徹底しなかった自分のミスでもあります。

購入者は、購入した商品を手にするのが遅くなってしまうばかりではなく、梱包して返送する手間もかかってしまいます。

取引メッセージには、下記のような感じで入れるといいでしょう。

「先程、別の取引相手の方から、○○様に送る予定の物が届いたと連絡がありました。商品を入れ違いで送ってしまったようです。こちらのミスでご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ございませんが、商品を着払いで送り返していただくことはできますでしょうか?」

購入者が商品をキャンセルしたいと言ってきたら?

急ぎで必要だった商品であれば、別の出品者から購入したいと思う購入者もいるでしょう。

その際は、商品を返送してもらい出品者の手元に届いてから、キャンセル手続きを行うことを購入者伝えておきましょう。

メルカリで取引キャンセルの申請や返金の方法は?ペナルティはあるの?
メルカリではいったん取引を開始すると、基本的にはキャンセルすることはできません。しかし、いろんな理由からキャンセルする場合もでてきてしまいます。そこで今回は、メルカリでキャンセル申請や返金の方法、ペナルティ・評価についても説明していきますね。

商品の入れ間違いのトラブルを防ぐには?

今後、荷物の取り違えば起こらないように、メルカリで複数の荷物を同時に発送する際には、以下のことを心掛けるようにしましょう。

  • わからなくならないように商品に目印をつけたり、ハンドルネームを記入しておく
  • レシートを出して、1個ずつレジに持って行く

メルカリ便で配送業者が誤発送した場合

伝票番号もきちんと合っているのに、商品だけが違うということも、たまーにあります。

伝票の読み込み時のミスで、他の商品と入れ替わりがあるようで、商品を1個しか送っていない時にも起こります。

メルカリ便を利用しているのであれば、日本郵便やヤマト運輸に直接問い合わせをするのはルール違反となっていますので、まずはメルカリ事務局に問い合わせをしましょう。

運送会社が商品を取り違えてしまった場合には、購入者に商品を返送してもらう必要はなく、間違った荷物を運送会社が取りに来てくれて、きちんと発送してくれます。

ただ、調査などを含めてかなりの時間がかかってしまうようで、荷物が届くまでに、1か月近くかかったという人もいます。

さいごに

いかがだったでしょうか?

商品が入れ替わってしまっていた場合であっても、出品者がきちんとした対応をとってくれたら、購入者も安心できます。

速達で再発送したり、ご迷惑をかけてしまったので・・・と、心遣いでちょっとしたものを入れてくれる出品者もいます。

ちなみに一番多いのが、『シートマスク』ですね。

評価はその人次第なので何とも言えませんが、誰にでもミスはあるものなので、許してくれる購入者も多いと思いますよ。