メルカリで発送方法を変更するやり方は?購入後は変更できない?

スポンサーリンク

メルカリで商品を購入された後、サイズを測り間違えていたことに気づいて、出品者がやむを得ず発送方法を変更しないといけない場合もありますよね。

また、メルカリで出品していると、たまに購入希望している人から、コメント欄で「発送方法を変更してもらえますか?」というお願いされることもあります。

そこで今回は、メルカリの商品の発送方法の変更の仕方を、購入後と購入前にわけて説明しますね!

スポンサーリンク

メルカリで発送方法の変更の仕方【購入後の場合】

商品の取引中に発送方法を変更したい場合には、基本的には、取引メッセージ連絡して購入者の同意を得るようにしましょう。

出品欄で設定していた配送方法が良いと思って、購入を決めた方もいるでしょうから、無断で変更するとトラブルのもとになります。

メルカリ便から定形外など普通郵便に変更する場合

メルカリ便から普通郵便に変更する場合には、メルカリ便のメリットである『匿名配送・追跡補償あり』をうけることができず、購入者にとってデメリットしかありません。

  • 発送方法を変更することに対するお詫び
  • 発送方法を変更したい理由
  • どのように発送するのか

上記のことを購入者にきちんと伝えて、了承を得るようにしましょう。

もともとメルカリ便で出品していたものは匿名配送されるのが前提のため、普通郵便に変更したい場合には、取引メッセージで購入者の住所や氏名など個人情報を聞かないと発送することができません。

取引メッセ―ジは、出品者と購入者のみ見ることができるので、他の人にわかることはありませんが、購入者が匿名配送希望であれば、キャンセルの手続きをしましょう。

メルカリで取引キャンセルの申請や返金の方法は?ペナルティはあるの?
メルカリではいったん取引を開始すると、基本的にはキャンセルすることはできません。しかし、いろんな理由からキャンセルする場合もでてきてしまいます。そこで今回は、メルカリでキャンセル申請や返金の方法、ペナルティ・評価についても説明していきますね。

キャンセルになった場合には、出品者の不手際となりペナルティ対象になります。

また、購入者からの了承を得て違う発送方法で送ったとしても、『発送方法を変更された!』と評価が下がることもやむを得ないですね。

メルカリ便から他の発送方法への変更は、よっぽどな事がない限りしない方がいいでしょう。

らくらくメルカリ便からゆうゆうメルカリ便に変更する場合

下記のようにメルカリ便であれば、購入後に発送方法を変更しても匿名配送することができます。

『らくらくメルカリ便』⇒『ゆうゆうメルカリ便』

『ゆうゆうメルカリ便』⇒『らくらくメルカリ便』

しかし、『らくらくメルカリ便』より『ゆうゆうメルカリ便』の方が、配達日数がかかってしまうので、急ぎの商品なのかを購入者に聞いてから変更した方がいいですね。

らくらくメルカリ便とゆうゆうメルカリ便の違いは?送料や日数など徹底比較!
メルカリでは、『らくらくメルカリ便』と『ゆうゆうメルカリ便』という配送サービスがあります。コンビニから簡単に発送することができ、全国送料一律でお得なので、この機会にぜひ違いを覚えて、一番安い方法で発送できるようにしましょう!

未定からメルカリ便に変更する場合

商品の配送方法が『未定』だった場合には、購入者も特に発送方法にこだわって購入しているわけではありません。

発送した後、発送通知と一緒に取引メッセージで『○○で発送いたしました』と発送方法が何なのかを入れておけば、OKです。

ただし、出品時にメルカリ便以外の発送方法だった場合には、購入後にメルカリ便に変更したとしても匿名配送にすることはできません。

メルカリ便の手続きをした後に発送方法を変更したい場合

メルカリ便の手続きをして、レシートが出てきた後に、商品のサイズ大きすぎて取り扱い不可になってしまった下記のような場合です。

  • 『ネコポス』で送れると思っていたら『宅急便』のサイズだった時
  • ゆうゆうメルカリ便で100サイズ以上を送ろうとしてレシートを発行してしまった時(※ゆうゆうメルカリ便は、100サイズまでしか取り扱いしていません)

このような場合、レシートを出してしまったとしても、発送通知ボタンを押していなければ、サイズ変更をすることが可能です。(セブンイレブンの場合は、バーコードをスキャンした後は変更はできません)

もう一度QRコードを出して、はじめから同じようにやり直しましょう。

レジを通して送り状を発行してしまったり、発送通知ボタンを押してしまうと、もう変更することはできませんので、購入者の住所・氏名を聞いて、メルカリ便以外の方法で発送するしかありません。

メルカリ便以外の方法で発送したとしても、実際にメルカリ便が使用されていない時は、メルカリ便の送料は売上金から引かれることはありませんので、安心してくださいね。

メルカリ便はきちんとしたサイズは、ヤマトの営業所や郵便局に行って測り直しますが、だいたいのサイズであれば、コンビニの店員さんに確認してもらえるので、レシートを発行する前に聞いておくと間違いを防ぐことができますね。

メルカリで発送方法の変更の仕方【購入前の場合】

商品のコメント欄で「発送方法を変更してもらえますか?」とお問い合わせがきた時には、だいたい購入者の希望する発送方法に変更すると購入してもらえるので、できる限り希望に応えるようにしましょう。

商品が売れる前であれば、発送方法の変更は、出品している商品の『商品の編集』から『配送の方法』を変更するだけでOKです。

購入希望者からお願いされた発送方法だと送料が高くなる場合には、追加で送料の差額を商品の金額に上乗せしていいのかきちんと話し合っておきましょう。

配送業者からの対面渡しがいいのであれば、一番小さいサイズでもらくらくメルカリ便の『宅急便コンパクト』になりますので、380円+65円(専用ボックス代)かかります。

急ぎで欲しい商品であれば、『ゆうゆうメルカリ便』より『らくらくメルカリ便』の方が早く商品が届くので変更を希望される方もいます。

しかし、『ゆうパケット』より『ネコポス』の方が20円高いのに厚さ制限が0.5cm薄いので、商品がきちんとサイズ内に収まるかも確認しておく方がいいですね。

らくらくメルカリ便とゆうゆうメルカリ便の違いは?送料や日数など徹底比較!
メルカリでは、『らくらくメルカリ便』と『ゆうゆうメルカリ便』という配送サービスがあります。コンビニから簡単に発送することができ、全国送料一律でお得なので、この機会にぜひ違いを覚えて、一番安い方法で発送できるようにしましょう!

さいごに

いかがだったでしょうか?

商品の購入前であれば問題なく発送方法を変更できますが、購入後はいろいろとトラブルになりやすいので、なるべく発送方法を変更するのはやめましょう。

もし、発送方法がよくわからないという場合には、商品を出品する際に配送方法を『未定』にしておく方がいいかも知れませんね。

【メルカリの発送方法まとめ】洋服や本などの梱包や送料で安いのはコレ!
メルカリ初心者の時に一番迷ってしまうのが、『発送方法』ですよね。洋服や靴・本などメルカリで売れ筋から、釣り竿や家電まで梱包の仕方や最安値の発送方法をまとめてみました。いろいろな商品をたとえにだしていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!