メルカリで郵便局受け取りの方法とは?郵便局留めは禁止でペナルティあり?

スポンサーリンク

メルカリで商品を購入したことを家族に知られたくなかったり、郵便局の方が都合がいいような場合には、郵便局で商品を受け取りたいですよね。

そんな時には、ゆうゆうメルカリ便で商品を発送してもらって、指定した郵便局で受け取ることはOKです。

しかし、郵便局留めは禁止事項なので、ペナルティがつくこともあります。

「ん??どう違うの?同じことなんじゃない?」と思う方も多いでしょう。

そこで今回は、ゆうゆうメルカリ便の郵便局受け取りと郵便局留めの違い、郵便局やコンビニで商品を受け取る方法などについて説明しますね!

スポンサーリンク

ゆうゆうメルカリ便の郵便局受け取りと郵便局留めの違いは?

ゆうゆうメルカリ便の郵便局受け取りも郵便局留めも、どちらも郵便局で受け取りすることができるという点では同じですが、いくつか違いがありますので見ていきましょう。

ゆうゆうメルカリ便の郵便局受け取り

メルカリでは普通、登録している住所に商品が届きます。

しかし、『ゆうゆうメルカリ便』で発送してもらうことによって、郵便局やコンビニで受け取ることができるオプションをつけれるようになっているんですね。

また、郵便局留めとは違い、郵便局に届いたらメルカリのアプリからお知らせ通知が届きますので、商品を受け取りに行くのを忘れることも少ないでしょう。

なお、商品の保管期限は、到着した翌日から7日間になっています。

商品引き渡し時に必要なものは、メルカリアプリの取引画面の真ん中にある『認証番号』を見せるだけでOKです。

『ゆうゆうメルカリ便』なので、もちろん匿名配送にも対応しています。

住所や氏名を知られたくない人でも安心して利用できますね。

郵便局留め

郵便局留めはその郵便局を受け取りの住所にすることなので、登録住所を偽ることもでき、犯罪行為に繋がる恐れがあります。

また、郵便物が郵便局に到着しても本人に連絡が来ることはありません。

いつ届いたのかわからずに購入者が受け取りにいかないで、戻ってくる商品が多かったので、メルカリで禁止になった経緯があります。

郵便物を受け取る際に本人確認として、運転免許証やパスポートが必要になります。

メルカリの郵便局受け取りの方法

配送方法が『ゆうゆうメルカリ便』で出品されている商品であれば、郵便局や郵便局などに設置されているロッカー『はこぽす』での受け取りが選択できます。

更に、『ローソン』と『ミニストップ』であればコンビニで24時間受け取り可能なので、便利ですよね!

メルカリでコンビニ受け取りのやり方や設定方法は?出品者・購入者別に徹底解説!
メルカリでは、出品されている商品の配送方法が『ゆうゆうメルカリ便』であれば、コンビニ受け取りすることができるので、日中留守にしがちな方には便利です。今回は、メルカリでコンビニ受け取りする場合のやり方や設定方法を出品者・購入者別に説明しますね。

購入したい商品が違う発送方法で出品されている場合には、出品者に「ゆうゆうメルカリ便に変更できませんか?」と、コメント欄で相談してみるといいですね。

メルカリで発送方法を変更するやり方は?購入後は変更できない?
メルカリで商品を購入された後、出品者がやむを得ず発送方法を変更しないといけない場合や、出品中の商品を購入したいと思っている人から、発送方法の変更をお願いされることもあります。今回は、発送方法の変更の仕方を、購入後と購入前にわけて説明しますね!

購入者は、『ゆうゆうメルカリ便』の商品の購入手続きをする時か取引開始後に、配送先をタップして、『新しい受取場所を登録』から、受け取りたい郵便局を指定してください。

ここで、『新しい受取場所を登録』ではなく、自宅の住所自体を受け取りたい郵便局の住所に変更してしまった際には、郵便局留め扱いとなってしまい、商品を受け取ることができませんので注意が必要です。

商品を受け取る際には、メルカリアプリの取引画面の真ん中にある『認証番号』が必要になります。

たまにありますが、操作ミスで商品を受け取る前に受取評価をしてしまった場合には、追跡番号や承認番号の確認ができないので、メルカリ事務局にお問い合わせしてくださいね。

メルカリ事務局へのお問い合わせ先は?電話番号やメールはある?
メルカリで取引をしていると、トラブルに巻き込まれた時やログインできない時など、いつかメルカリ事務局に問い合わせる機会が必ずでてくると思います。今回は、メルカリ事務局へのお問い合わせ方法や注意点について、説明していきますね。

メルカリで郵便局留めがバレたらペナルティはある?

出品者も購入者も、メルカリで郵便局留めが禁止事項とは知らずに発送してしまう人も多いと思います。

メルカリ事務局は、たまに取引メッセージの内容を見ているので、運が悪かったら、利用制限などのペナルティを受けることがあるので、注意してくださいね。

購入者に郵便局留めをお願いされても、きちんと断りましょう。

さいごに

いかがだったでしょうか?

郵便局やコンビニで商品を受け取りたい場合には、今のところ『ゆうゆうメルカリ便』で指定されているものじゃないとできないのが、ちょっと残念ですよね。

普通郵便の方が送料が安い商品であれば『ゆうゆうメルカリ便』に変更すると、送料の差額を請求されることもあるでしょう。

でも、やっぱり自宅で商品を受け取りできない人にとっては、嬉しいサービスです。

今後、『らくらくメルカリ便』でも、自宅以外の場所で受け取りができると便利ですよね。