メルペイiD払いとコード払いの違いは?使える機種やお店など徹底比較!

メルペイiD払いとコード払いの違いは?
スポンサーリンク

メルカリのアプリを使った決済サービス『メルペイ』には、おサイフケータイ『iD(アイディ)払い』とQRコードやバーコードを見せて支払いできる『コード払い』の2種類の支払い方法があります。

どちらもメルカリの売上金を利用したり、現金をチャージすることによって、メルカリ以外でのお買い物を楽しむことができます。

まずは、わかりやすく表にまとめましたのでご覧ください。

その後、『iD払い』と『コード払い』で使えるスマホの機種の違いや、使える店舗の違いなどを詳しく説明していきますね!

スポンサーリンク

メルペイ『iD払い』・『コード払い』比較一覧

 iD払いコード払い
使えるスマホの機種
  • iPhone7以降
  • Android5.0以降で、おサイフケータイ『Felica』が入っているもの
ほとんどのスマホで利用OK!
使える店舗

全国約90万カ所

(iDマークのあるお店)

全国約45万ヶ所

(メルペイマークのあるお店)

使えるコンビニほとんどのコンビニで利用OK!ローソン・ミニストップ

支払い方法

レジにある端末に

スマホをかざして支払い

QRコード・バーコードを

レジに提示して支払い

レジでの伝え方iD(アイディ)払いでと伝えるメルペイ払いでと伝える

メルペイの『iD払い』と『コード払い』の共通のサービス

『メルペイ』は、メルカリの売上金でポイントを購入してから、はじめてお買い物で使うことができるようになります。

しかし、『支払い用銀行口座(チャージ用口座)を登録』するか『アプリでかんたん本人確認』をすると、わざわざポイントを購入しなくても、売上金がそのままメルペイ残高となります。

売上金の振込申請期限も『180日間⇒無期限』になります。

よく『メルペイ』を使うのであれば、銀行口座を登録しておくことで手数料無料で簡単にチャージできて便利ですよ。

また、後払い可能なアカウントであれば、どちらの支払い方法でも後払いすることができます。

メルペイ後払いは現金がなくてもコンビニで利用OK!使い方や上限は?
メルペイは『iD』が使える店舗であればどこでも利用できるので、思っている以上に多くの店舗で使うことができますし、簡単で便利です。そんなメルペイですが、後払いで商品を購入したり飲食することもできるんですよ~すごくないですか?

メルペイ『iD払い』と『コード払い』で使えるスマホの機種の違いは?

『iD払い』は、メルペイとおサイフケータイを連携して使うことになるので、おサイフケータイ『Felica』が入っているものに限られます。

  • iPhoneだと7以降のモデル
  • Apple WatchはSeries2以上のモデル
  • Androidだと5.0以降で『Felica』が入っているモデル

しかし、『コード払い』であれば、それ以前のモデルでもOKです。

もちろん、iPhone6・iPhone6s・iPhoneseなどでも使えますよ。

コード払いだと、わざわざ機種変更をしなくても、多くのスマホに対応しているのがいいですよね。

メルペイ『iD払い』と『コード払い』で使えるお店の違いは?

使えるお店に関しては、店舗側が『iD払い』や『コード払い』に対応しているかどうかによって変わってきます。

『iD』の主な加盟店は、コンビニだとセブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・ミニストップ、他にもイオン系列のお店や、マクドナルド・ガスト・マツモトキヨシ・ドン・キホーテなど・・・たくさんあります。

実際に『iD』を使ってみると、レジでマークがあるかどうか気にするようになると思うんですが、本当に多くのお店で使うことができるので、びっくりしますよ。

メルカリのスマホ決済『メルペイ』とは?使い方や加盟店を徹底解説!
メルカリを使ったスマホ決済サービス『メルペイ』がリリースされましたね!最近、よく『メルペイ』が、ネットニュースにも載っていますが、仕組みや使い方がわからない人も多いと思いますので、使い方や加盟店などについて説明していきますね。

それに対して、『コード払い』は、主な加盟店は今のところ、ローソンやミニストップ、牛丼の松屋、阪急・阪神百貨店くらいです。

しかし、『コード払い』は、『iD払い』のように決済用の端末がいるわけではなく、お店としても比較的簡単に導入することができます。

また、2019年夏くらいには、コード払いで有名な『LINE Pay』と提携することが発表されていますので、『コード払い』も使えるお店がどんどん増えていくでしょう。

メルペイ『iD払い』と『コード払い』で支払い方法の違いは?

iD払いのやり方

1.メルカリアプリの下にある『メルペイ』をタップします。

2.電子マネー(iD)を開くをタップします。

3.ロックを外した後、レジの店員さんに「iD(アイディ)払いでお願いします」と言って、レジ付近にある端末にかざせばOKです。

コード払いのやり方

1.メルカリアプリの下にある『メルペイ』をタップします。

2.コード払いをタップします。

3.レジの店員さんに「メルペイ払いでお願いします」と言って、QRコード・バーコードを提示すればOKです。

メルペイのコード払いの使い方や加盟店舗は?コンビニはどこで使える? 
メルペイには『iD払い』と『コード払い』の2種類の支払い方法があります。『コード払い』は『iD払い』に対応していないスマホの機種でも使えるというメリットがあります。そこで今回は、メルペイのコード払いの使い方や加盟店などについて説明していきますね!

さいごに

いかがだったでしょうか?

まだ今のところは、『メルペイ』は『iD払い』が主流です。

なので、iDが使える機種や店舗であれば、わざわざコード払いしなくても大丈夫です。

しかし、これからは『コード払い』も多くなってくると思いますので、使い方を覚えておくといいですね!

もしも、メルペイが使えない時には、こちらもご覧になってみてください。

メルペイの電子マネーが使えない原因や対処法は?簡単に解決することも!
先日も大型キャンペーンを実施して、ますます利用が盛んになりそうな『メルペイ』ですが、登録しているにも関わらず、いざレジで使えないとちょっと焦ってしまいますよね。そこで今回は、メルペイが使えない原因や対処法について説明しますね!